ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

Japanese

小林よしのり

Buy online →

RRP $31.40

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

7月20日現在、新型コロナウイルスによる感染症の死者は世界で60万人に達している。もっとも大きなパンデミックを引き起こしている米国では14万人が犠牲となり、8万人の死者を出したブラジルや、同じく2万6000人のインドでも、ウイルスの猛威は一向に収まる気配がない。
一方、7月に入って以降、「第2波」の予兆が危ぶまれている日本では、13人の犠牲者を出したダイヤモンド・プリンセス号を含めて死者数は総計1000人弱にとどまっている。

厚生労働省のホームページによると、日本における季節性インフルエンザの「直接死」は毎年3000人前後。死因が特定されなかった肺炎などをカウントに入れる「間接死」も含めると、毎年1万人と推定されている。

インフルエンザで毎年1万人もの人が死んでいるのに、なぜ、日本人は新型コロナウイルスに対して、これほどまでに恐怖心を抱くようになったのか?

4月9日、日本政府は“コロナ・パニック”に陥った世論に突き動かされた格好で「緊急事態宣言」を発出。安倍総理は根拠も覚束ない数字まで掲げて「最低7割、極力8割」人との接触を減らすよう国民に要請した。厚生労働省クラスター対策班のメンバーで「8割おじさん」の異名を持つ北海道大の西浦博教授は「このまま何も対策をとらなければ42万人が死亡する」との試算を発表。この、当初は公式見解ではなかった「個人的な意見」から導き出された数字に、社会は翻弄されることになる。

この間、テレビ朝日系列『羽鳥慎一モーニングショー』に出演するコメンテーターの玉川徹テレビ朝日報道局員や岡田晴恵白鴎大学教授は、時に、誤った情報も垂れ流すなどしてコロナの恐怖を煽るだけ煽った。

Buy online →

RRP $31.40

ISBN:

9784594085636

Write a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Please let us know you're not a robot: * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.