カメラとレンズのしくみがわかる光学入門

カメラとレンズのしくみがわかる光学入門

Japanese

安藤幸司

Buy online →

RRP $34.65

カメラとレンズのしくみがわかる光学入門

光を読むってなんだ!?
光が分かればカメラが分かる?

デジタルカメラマガジンの人気連載「いまさら人には聞けない大人の光学入門」が
1冊の本になりました!

写真が上手な人からよく聞く「光を読む」という言葉。
でも、自分に見える視界のどこから、どう光を読めばよいのか……?

そんな疑問から始まった2年間の連載では、著者である安藤博士と、
愛らしいキャラクターマサオ君が、授業形式で素朴な疑問を解決してきました。
本書では、連載の内容を分かりやすく再構成し、イラストをオールカラー化。
誌面では語りきれなかった詳しい説明も大幅に加筆しています。

光学といっても、難しいはなしではありません。
中学理科・高校物理で学ぶような光の基本の性質を見直し、
それらがどんな風にカメラとレンズに生かされているのを説明しています。

さらに、カメラの系譜をたどることで、フィルムカメラからデジタルカメラへの変遷、
デジタルカメラが現在の形になった経緯がとてもよく分かります。

光学という学問の観点から見ると、なんとなくしか分からなかった
カメラとレンズのしくみ、そして、身近な光の存在がより深く理解できるでしょう。

●光を数えられるの?
●どうして色が見えるの?
●レンズはどうして像を作れるの?
●レンズと普通のガラスはどう違うの?
●ピントが合うってどういうこと?
●フィルムカメラとデジタルカメラはどう違うの?
●カメラはどうやって色を見分けているの?
●画像の正体はなに?
●画像処理って何が起こっているの?

などなど、いまさら人には聞けない素朴な疑問の答えが分かります!

デジタルカメラの愛好家はもちろん、これからカメラを始めたい方、
カメラを買ったもののよく分からなくて最近触っていない……という方にも、
ぜひ読んでいただきたい1冊です。

Buy online →

RRP $34.65

ISBN:

9784295006572

Write a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Please let us know you're not a robot: * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

More new releases in Japanese

The Familiars

The Familiars

Stacey Halls
風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった

風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった

ウィリアム カムクワンバ, ブライアン ミーラー他
An Orchestra of Minorities

An Orchestra of Minorities

Chigozie Obioma
誌上・パターン塾 Vol.5 ジャケット&コート編

誌上・パターン塾 Vol.5 ジャケット&コート編

文化出版局編、 まるやまはるみ